林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った Amazon ブログ 書評 Facebook FB 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 Linkedin wiki Youtube
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録 | main | 帽子収集狂事件【新訳版】ジョン・ディクスン・カー >>
東京をどうするか――福祉と環境の都市構想
東京をどうするか――福祉と環境の都市構想
数兆円の予算規模を持つ東京の可能性は、「首都再生」のかけ声のもと、大規模再開発や五輪誘致に費消されてきた。新しい都政はどこへ向かうべきなのか。具体的政策とその根拠を、第一線の研究者が幅広い分野にわたって展開する。新自由主義構造改革による貧困・格差の時代を終わらせ、新時代を拓くための実践的都市論。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4000257994
不当逮捕 (講談社文庫)
戦後という波乱に満ちた、無秩序だか半面において自由闊達な気風に溢れていた時代、新聞記者はスターであり、英雄であった。とりわけ、読売社会部の立松和博は数々のスクープで乱世に光彩を放っていた。その立松記者が、売春汚職報道の“誤報”で突然逮捕された。第6回講談社ノンフィクション賞受賞作。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4061838377
在日韓国・朝鮮人―若い世代のアイデンティティ (中公新書)
さほど問題なく日本社会に適応しているかのようにいわれる在日韓国・朝鮮人の若者は、実際には、その多くが成長の過程で日本人側の偏見と差別にぶつかり、アイデンティティの葛藤を体験している。だが、彼らの存在と意識は、実に多様化し揺れ動いている。本書は、2世・3世と呼ばれる人々の聞き取り調査を通して、民族問題とそのアイデンティティを考えるとともに、日本社会の構成員としての90年代の「在日」の生き方を模索する。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4121011643
| 東急不買雑談 | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:39 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokyufubai.jugem.jp/trackback/1393
トラックバック