林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った Amazon ブログ 書評 Facebook FB 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 二子玉川ライズ反対運動 Linkedin wiki Youtube
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
<< 不動産屋は地域密着型を選びましょう | main | ゼロゼロ物件はダメ。ゼッタイ。 >>
不動産屋は1階の店を選びましょう
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 雑居ビルに入居している不動産屋を選ぶ際は、1階にある店舗を選ぼう。ビル上階に入っている不動産屋は要注意である。不動産屋としては1階への入居が望ましく、現実に多くの業者が1階で営業している。不動産屋の壁はガラスになっていて、物件広告が貼られていることが多い。この広告は有効な集客手段である。それができないビル上階の不動産屋は、その分だけ同業者からも魅力に欠け、物件集めに不利である。これは消費者から見て好物件が少ないことになる。
消費者にとっては1階の店舗の方が入りやすい。地上げ屋や追い出し屋、ブローカーなど不動産業界に闇の部分があることは事実である。ビル上階の密室よりもガラス張りの1階の店舗の方が安心できる。
不動産屋がビル上階にあると内見に行くことも不便である。中には内見をさせない業者もいるが、その種の業者とは契約してはならない。どうしてもビル上階の不動産屋と契約しようとする場合、せめて不動産屋の名前や免許番号、代表者名を検索し、その不動産屋が過去に宅建業法違反で業務停止処分を受けていないか確認してからにしよう。
http://www.hayariki.net/poor.html
| 耐震強度偽装 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:08 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokyufubai.jugem.jp/trackback/1466
トラックバック